戦国IXA(センゴクイクサ)

お知らせ

2019年12月13日
【追記】 スマートフォン版での不具合について

『戦国IXA』では、スマートフォン用アプリ「Google Chrome」のバージョン78.0.3904.108より追加された機能を原因として、
ユーザー様の意図しないゲーム操作が行われる不具合が発生しておりました。
その影響としまして、下記のような現象が確認されております。

 ・所領が削除される
 ・内政施設が削除される
 ・内政施設の意図しないレベルアップが行われる
 ・内政施設の建設やレベルアップがキャンセルされる
 ・その他意図しない画面遷移や意図しないアクションの実行

所領につきましては、2019年11月21日14:00頃のバックアップデータを元として、
削除された所領と同等の所領を任意の場所に再度獲得する仕組みをご提供させて頂きます。
既に新たな所領を獲得済みの場合でも、その所領を削除することで、元の所領を再度獲得する仕組みを検討しております。
(ご提供は12月初旬を予定しております。)

意図せず行われた内政施設の建設/レベルアップ/削除につきましては、
大変申し訳ございませんが、原状回復が難しいため、下記の通りの対応とさせていただきます。

該当期間(2019年11月21日14:00~2019年11月25日18:30)に削除された内政施設/所領を対象とし、

 ・削除された内政施設数×5万の各種資源(復活する所領内の内政施設を除く)
 ・削除された所領数×10万の各種資源

を配布させていただきます。

下記の便利機能のご利用分に関しましては、意図せずご利用された可能性がございますため、
該当期間(2019年11月21日14:00~2019年11月25日18:30)に利用された分と同数の「金」を
ご利用者様全員に返却させていただきます。

 ・「建設準備追加」
 ・「建設・研究の即時実行」
 ・「施しの初期化」

また、所領を再度獲得する仕組みのご提供までの間に実施される合戦への影響を考慮し、
下記の対応を行わせていただきます。

 ・全ユーザー様を対象に、名声最大値を+「30」及び全回復
 ・全ユーザー様を対象に、兵士の配布
 ・全ユーザー様を対象に、施しの初期化

本不具合に関しまして、ゲームプレイに重大な影響があることを鑑み、
『戦国IXA』では、上記の通りできる限り原状回復すべく対応を進めて参ります。

本不具合の影響でその他にも何か致命的な不都合等がございましたら、
大変お手数ですが、弊社サポートセンターまでご連絡をお願いいたします。
ただし、本件に関しまして全ての不具合やご要望にお応えすることが難しい場合がございますので、予めご了承ください。

ご利用の皆さまにはご心配、ご迷惑をお掛けし、大変申し訳ございません。

▼(参考)「Google Chrome」該当機能の停止方法
 ①「Google Chrome」の右上のメニューを開く
 ②「設定」をタップ
 ③詳細設定の中の「プライバシー」をタップ
 ④プライバシーの中にある「ページをプリロードして、閲覧と検索をすばやく行えるようにします」のチェックを外す
また、「Google Chrome」アプリを再起動することでアプリの更新が行われ、
現象が発生しなくなることを確認しております。

11月25日より停止していたスマートフォン版表示のご提供については、本告知と併せて、再開させていただきます。


【2019年 11月27日 20:50頃 追記】
上記の不具合に関しまして、各種お詫びのアイテム・兵士・資源、また便利機能ご利用分の金の返却、
最大名声の調整、施しの初期化を行いました。
引き続き、所領の再獲得についてのご案内をお待ち頂けますと幸いです。


【2019年 12月13日 16:40頃 追記】
上記の不具合に関しまして、2019年11月21日14:00頃のバックアップデータを元として、
2019年11月21日14:00~2019年12月12日23:59の期間に削除された所領がある場合、
バックアップデータの所領を任意の空き地に再度獲得できるようになりました。
不具合の対象となったユーザー様には、大変お待たせして申し訳ございません。

本機能は「拠点」画面上部の「合戦」を押下後、「機能選択」内の「所領の復活」ボタンからご利用いただけます。
所属国内で開拓攻撃が可能な任意の空き地に、合戦中であっても復活させることができます。

※対象の空き地の種類によらず、バックアップデータの所領が復活します。
※2019年11月21日14:00以降に国の離反を行われた場合は、本機能による所領の復活を行うことはできません。
その他、ご不明な点がございましたら、大変お手数ですが弊社サポートセンターまでお問い合せください。


引き続き『戦国IXA』をよろしくお願いいたします。